診療案内

トップページ > 診療案内

病棟内容

当院は、昭和56年に老人病院としてスタートした高齢者医療対応の長期療養型入院施設です。
現在、療養病床には介護型と医療型が、精神病棟には認知症の病棟があり、地域に密着した医療を提供するとともに、幅広い地域からの受入れを行っております。


療養病床(386床)

介護療養型医療施設(211床)
身体上又は精神上の障害があるために、入浴、排泄、食事等の日常生活において、常に介護を要する状態であり、厚生労働省令で定める「要介護状態区分」が要介護「4」または「5」に該当される方が、ご入院の対象となります。
当該施設にご入院された方は、介護療養施設サービス費の1割相当額、食事の提供に要する費用、居住に要する費用等をお支払いいただきます。

医療療養病棟(175床)
急性期治療終了後、状態は安定したが、長期にわたり医学的管理のもと、療養の必要な方がご入院の対象となります。
医療区分「1」からご相談を承っております。
当該病棟にご入院された方は、医療費の一部負担、入院時食事療養費等をお支払いいただきます。

 

精神病床(85床)

認知症病棟(85床)
認知症に伴う周辺症状(幻覚、妄想、夜間せん妄、徘徊、弄便、異食等)がある方が、ご入院の対象となります。
当該病棟にご入院された方は、医療費の一部負担、入院時食事療養費等をお支払いいただきます。
尚、当院には精神科外来はございませんので、ご了承ください。

ページの先頭へ戻る